かめおかゆみこの             ≪表現する からだとことば≫塾

自分にOKをあげると、生きることが楽に、楽しくなります。 生きることが、楽に、楽しくなると、他のひととわかちあうよろこびを受け取れるようになります。だから、あなたはもっと、自分にOKをあげていい。

名古屋★ワクワクする!オトナの生き方講座~「今 ここ」の自分を好きになる~

キャプチャ



自分のことを好きになりたい。

もっと、ワクワクして、人生を楽しみたい。

もっと、自由に、自分の気持ちを表現したい。

安心して、こころ打ち明けられる友だちがほしい。

でも…、
いまの自分ではダメ…。


portrait-1634421_1280.jpg


そんなふうに想っているかたが、たくさんいます。

もったいない!

本当は、そのまんまの「じぶん」でOKなのに!

※「自分」という漢字は、「自ら(を)分ける」と書きます。
 他と己の境界線を明確にするという意味だと思いますが、
 少し固い感じがしますので、ここでは、ひらがなの
 やわらかく包みこむ感覚で、「じぶん」と表記しています。


でもね。そんなふうに想ってしまう気持ち、
わからなくもありません。

そして、実は、あなたがあなたのままで、
ちょっとだけ、考えかたを変えるだけで、

「じぶん」大好きなじぶんになれちゃう。

そんな方法があるんです。


それが、こちらです!

ワクワクする!オトナの生き方講座
~「今 ここ」のじぶんを好きになる~
live.jpg

日時とテーマ
2017年11月25日  
「中学生でもわかる『こころのしくみ』」
2017年12月23日  
「じぶんを好きになるための7つの方法」
2018年 1月27日  
「感情に振り回されないココロ育て」
2018年 2月24日  
「人に信頼される『聴き上手さん』になる」
2018年 3月24日  
「とぎれない会話術マスター」
2018年 4月21日  
「終活レッスン~いつ死んでも大丈夫?!」
いづれも土曜日の13時から17時まで

会場
名古屋市中村区内の施設(申し込みされた方に直接お知らせします)



なぜ、この講座に参加すると、
「じぶん大好き」になれちゃうのか?

各回の内容を、ちょっとだけ、ご説明しますね。

OLふうの女性


「中学生でもわかる『こころのしくみ』」

勉強も大切だけど、こころのしくみを知ることは、
生きていくうえで、とっても大切なこと!

なぜ、こんな気持ちになるのか。
あのひとの対応は、こんな気持ちの反映?

それがわかるだけで、こころはとっても落ち着きます。

気持ちを誤解することも、誤解されることも減って、
自分を責めないですむようになります。


「じぶんを好きになるための7つの方法」

じぶんのことを好きになりたい。でもどうしたら?
具体的な方法がわからないと、変えようがありませんよね。

この回では、日常のなかで実践できる、
「じぶんを好きになる」方法を具体的にお伝えします。

毎日くりかえしていくと、気がつくと、
「あれ? いつのまにか自分を否定しなくなってる…」

そんなじぶんに出会えますよ!


「感情に振り回されないココロ育て」

いつもすっきりした気持ちでいたいのに、
感情がじゃまする!って、想ったことありませんか?

つい、いらいらしちゃう。
つい、くよくよしちゃう。

感情を否定せず、がまんせず、無視することなく、
感情と仲よくなれる方法、お伝えします!


「人に信頼される『聴き上手さん』になる」

ひとの輪のなかに、なかなか入っていけない。
もっと、すらすらおしゃべりできたらいいのに…。

そんなふうに想ったこと、ありませんか?

でもね、それ、ちょっと順番がちがうんです。

まず、「聴き上手」になって、信頼されること。
コミュニケーションがうまくいくには、こちらが先なんです。


「とぎれない会話術マスター」

ひとと話をしていても、話題がつづかない。
つまんないやつって、想われないか、どぎまぎしちゃう…。

そんなふうに感じると、よけいあせってしまって、
話ができなくなっちゃいますよね!

そんなとき、会話がつながる方法が、ちゃんとあります。
あなたは、ただ、知らなかっただけ!


「終活レッスン~いつ死んでも大丈夫?!」

ええっ?!と、いきなり重いテーマって、想いましたか?

この講座では、単に、コミュニケーションの技術などを
伝えることを、目的にしていません。

そういうところに、とらわれなくなると、
気持ちが楽になるし、チャレンジする勇気も湧いて、
自然に、じぶんのことが、好きになります。

そんなあなたが、どんな人生を送りたいのか。

「終活レッスン」とは、

大好きなじぶんを「いかに生きるか?」

というレッスンでもあるんです。



いかがでしたか?

じぶんを好きになると、毎日が楽しくなります。

ひととも、積極的にかかわれるようになります。

新しいチャレンジに、踏みこむ勇気が出ます。

あなたの人生が、かがやきます!

smile-1261338_1920.jpg


ぜひ、一緒に体験してみませんか?

ワクワクする!オトナの生き方講座
~「今 ここ」のじぶんを好きになる~

日時とテーマ
2017年11月25日  「中学生でもわかる『こころのしくみ』」
2017年12月23日  「じぶんを好きになるための7つの方法」
2018年 1月27日  「感情に振り回されないココロ育て」
2018年 2月24日  「人に信頼される『聴き上手さん』になる」
2018年 3月24日  「とぎれない会話術マスター」
2018年 4月21日  「終活レッスン~いつ死んでも大丈夫?!」
いづれも土曜日の13時から17時まで

会場
名古屋市中村区内の施設(申し込みされた方に直接お知らせします)

参加費
各回 6000円
※開催日前日までに指定口座にお振り込みください。

参加された感想(400字以上)を書いてくださるかたには、
当日1000円のキャッシュバックがあります。

申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S51878837/

お問い合わせ
gokigen_choko211@yahoo.co.jp(座ここから・おがわ)

※問合せの件名は、「ワクワクする!講座」としてください。

live-1003646_1920.jpg


講師紹介★かめおかゆみこ

北海道オホーツク地域に生まれ、棲息。自然と絵本と空想を友にし、成長。
小学校時代は、妄想レベルの空想癖のため、
他の子とコミュニケーションがうまくとれず。
中学校で演劇に出会い、居場所を見つける。
その後、演劇熱中少女路線をまっしぐら。
高校時代は、演劇部顧問と対立の日々。
高校演劇北海道大会、全国大会を観るため、学校を休んでひとり旅を敢行。
3年12月まで演劇活動をつづけ、受験撃沈。
予備校に通うも、数学音痴のため再び撃沈。
半年アルバイトののち、短大に入学。
2年後、系列大学の3年次に編入学し東京へ。
4年次に、竹内敏晴氏と出会って、ことばとからだ観と、人生の方向が変わる。
その後、児童文学作家をめざすも、挫折。
7年間の編集者生活も、人間関係で頓挫。
中学校演劇部の外部指導員になったのをきっかけに、
原点の演劇の道にもどる。
地域ミュージカルを経て、
個人・グループのオリジナルの劇づくりをすすめるかたわら、
演劇的要素を生かしたワークショップ
~心身解放・表現・コミュニケーション・聴く・話す等~を全国展開。
2003年11月1日、日刊メールマガジン「今日のフォーカスチェンジ」を創刊。
2017年7月10日、連続発行5000号。
著書に『演劇やろうよ!』『演劇やろうよ!指導者篇』ほか。
脚本「月が見ていた話」で晩成書房戯曲賞受賞。脚本研究会「澪」主宰。
小説「零(zero)に立つ」(全4巻)は、最新作。
ホームページ http://kamewaza.com/


ワクワクする!オトナの生き方講座は、
名古屋の「座ここから」の主催です。
「座ここから」による講座案内文は、
こちらからご覧になれます。


この「ワクワクする!オトナの生き方講座」は、
かめわざ流じぶんマスター講座~こころとからだ まるごとで生きる!~(土日開催。全12日)の一部になっています。
興味をおもちいただけるかたは、ぜひ、こちらの案内もご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する