かめおかゆみこの             ≪表現する からだとことば≫塾

自分にOKをあげると、生きることが楽に、楽しくなります。 生きることが、楽に、楽しくなると、他のひととわかちあうよろこびを受け取れるようになります。だから、あなたはもっと、自分にOKをあげていい。

名古屋★かめわざ流「じぶん」マスター講座~こころとからだ まるごとで生きる~

かめわざ流じぶんマスター講座
~こころとからだ まるごとで生きる~


あなたは、本当に、「じぶん」を生きていますか?
child-542038_1920.jpg



あなたは、こんなふうに想ったことはありませんか?

□過去へのとらわれ・未来の不安・周囲への気づかいをてばなしたい
□「本当のじぶん」の正体を知りたい
□「じぶん」大好きな人生を送りたい
□「じぶん」を本気で生きたい
□「じぶん」の使命を知りたい
□「じぶん」とつながる感覚を知りたい
□「じぶん」をまるごと愛したい
□「じぶん」の根っこをしっかりさせたい
□「じぶんの人生これでよし」と、こころから想える生きかたをしたい
□「じぶん」から世界平和に貢献したい



ひとつでもひっかかるところがあったら、
以下をお読みください。



かめわざ流じぶんマスター講座
~こころとからだ まるごとで生きる~

※「自分」という漢字は、「自ら(を)分ける」と書きます。
 他と己の境界線を明確にするという意味だと思いますが、
 少し固い感じがしますので、ここでは、ひらがなの
 やわらかく包みこむ感覚で、「じぶん」と表記しています。


この講座のテーマは、「『じぶん』を生きる

これは、この講座の講師・かめおかゆみこが、
紆余曲折・試行錯誤・七転八倒の人生を生きてきて、
たどりついた、人生のテーマでもあります。


それは必ずしも、かっこいいものではありません。
世間一般でいう「成功者」とも、少しちがいます。

むしろ、
イケテナイ「じぶん」も、
あちゃーな「じぶん」も、
すべてまるごとひっくるめて、OKをあげる

じぶん全肯定の、生きかたなのです。


なぜなら、「じぶん」の人生は、
唯一無二の、この「じぶん」のものだから。

誰とも、さしかえのきかない存在だから。

だからこそ、地球滞在、約100年の人生を、
この「じぶん」に正直に生きる。

かざらない、いつわらない「じぶん」を、
楽しみ、味わい尽くして生きる。

そんなありかたを、
すべてのひととわかちあいたいと思うのです。

portrait-1160487_1920.jpg



ただ、私たちは、生まれてから成長するなかで、
たくさんの制約を受けてきました。

それは、社会を生きるうえで、
必要な部分もあったのですが、

少なからずのケースで、
親切」という名の指導・抑制であったり、
善意」という誤解だったりもしたのです。

そのために、私たちは、いつか、

じぶんを主張するのは、いけないことだ
ひととちがっては、やっていけないのだ

と、思いこまされてきたのです。

そうして、本来の「じぶん」を、どんどん、
「じぶん」のなかに押しこめて、

「じぶん」でない自分を、生きてきたのです。


そうやって、たった100年かそこらしかない
貴重な滞在時間を、過ごしてきてしまったのです。

(もちろん、個人差はありますが)

back-1822702_1920.jpg


いかがでしょうか?

ここまでお読みいただいて、

「なるほど、そうかも」と思ったあなたは、
そこから、離脱するタイミングにきているひとです。


「じぶん」本来の、「じぶん」として生きる、

そのためのレッスンを、ともに体験してみませんか?

小the-sea-1871781_1920


あなたが、あなたの「じぶん」を生きるとき、
あなた自身がかがやくだけでなく、

そのかがやきは、あなたのまわりをも照らします。

あなたの生きかたに共鳴し、
「じぶん」を生きはじめるひとがあらわれます。

誰もが、「じぶん」を生きるよろこびを知るとき、
ひとは、そのよろこびを軸として、つながります。

互いの「生きる」を、尊重しあえる世界が生まれます。

お楽しみさま!



かめおかゆみこのミッションです。

ミッション

これが、今回の講座を企画した意図でもあります。


講座は、そのときどきで、その場にあわせて、
臨機応変に、内容を変えていきますので、あくまでも予定です。

おおまかな骨格は、下記のとおりとなります。

なお、土曜日午後は、単発参加OKの
「ワクワクする!オトナの生き方講座」と合同です。


第1日目
  午前 からだレッスン・こころレッスン
  午後 ワクワクする!オトナの生き方講座

第2日目
  午前 プレゼンレッスン(想いをことばに)
  午後 かめわざワーク「いま・ここ・自分」


1日目午前は、おもに、
野口体操を基礎に、からだと向き合う&
こころのしくみについてのレクチャー。

1日目午後は、ワクワクする!オトナの生き方講座
単発に参加されるかたとの合同ワークになります。

2日目午前は、プレゼンワーク。
自分の想い・考えを、ひとに伝わるようなことばにするレッスン。
元編集者・プレゼンター体験者としてのかめおかが
がっつり、コメント・サポートします♪

2日目午後は、完全フリーのワーク。
テーマは、「いま・ここ」の自分を生きる!

参加者からのテーマ持ちこみもOK。
竹内レッスン、インプロワーク、あらゆるものを
使って、課題突破の方法を提示していきます。

なので、中身はそのとき次第となります。

なお、すべての講座は録画し、参加者限定で公開します。
ですので、お休みの回があっても、動画で確認できます。


申し込み・ 問合せ先/座ここから(おがわ)
  gokigen_choko211@yahoo.co.jp

小bubbles-2426816_1280


講座のおもな内容です。

第1回

11月25日
午前 からだをゆるめる・からだの声を聴く
午後(合同)中学生でもわかる「こころのしくみ」講座
11月26日
午前 プレゼンレッスン(テーマは事前に告知)
午後 かめわざワーク「いま・ここ・自分」

第2回

12月23日
午前 からだをゆるめる・感情ワーク
午後(合同)「自分を好きになるための7つの方法」講座
12月24日
午前 プレゼンレッスン(テーマは事前に告知)
午後 かめわざワーク「いま・ここ・自分」

第3回

1月27日
午前 からだをゆるめる・自分OKの感覚育て
午後(合同)「感情に振り回されないココロ育て」講座
1月28日
午前 プレゼンレッスン(テーマは事前に告知)
午後 かめわざワーク「いま・ここ・自分」

第4回

2月24日
午前 からだとの対話・「じぶん」との和解
午後(合同)ひとに信頼される「聴き上手さん」になる講座
2月25日
午前 プレゼンレッスン(テーマは事前に告知)
午後 かめわざワーク「いま・ここ・自分」

第5回

3月24日
午前 からだを遊ぶ・「じぶん」との融合
午後(合同)「とぎれない会話術」マスター講座
3月25日
午前 プレゼンレッスン(テーマは事前に告知)
午後 かめわざワーク「いま・ここ・自分」

第6回

4月21日
午前 からだ・こころ、まるごとの自分を生きる
午後(合同)終活レッスン~いつ死んでも大丈夫?!~
4月22日
午前 プレゼンレッスン(テーマは事前に告知)
午後 かめわざワーク「いま・ここ・自分」


会場/名古屋市中村区内の施設
(申込みされた方に直接お知らせします)


参加費/6か月間12日間
    総時間78時間で168.000円

※当初、毎月35000円×6か月=21万円
 と考えたのですが、初開催記念で、 
 今回にかぎり 、毎月28000円という設定にしました。
 その合計が、 168.000円となります。

申し込みの方に 振り込み先をご連絡いたします。
なお、分割ご希望の方は個別に相談にのります。


申し込み・ 問合せ先/座ここから(おがわ)
  gokigen_choko211@yahoo.co.jp

※問合せの件名は、「かめわざ流じぶんマスター講座」としてください。

申込〆切/2017年11月19日(月)

小sky-2115166_1920


講師紹介★かめおかゆみこ

北海道オホーツク地域に生まれ、棲息。自然と絵本と空想を友にし、成長。
小学校時代は、妄想レベルの空想癖のため、
他の子とコミュニケーションがうまくとれず。
中学校で演劇に出会い、居場所を見つける。
その後、演劇熱中少女路線をまっしぐら。
高校時代は、演劇部顧問と対立の日々。
高校演劇北海道大会、全国大会を観るため、学校を休んでひとり旅を敢行。
3年12月まで演劇活動をつづけ、受験撃沈。
予備校に通うも、数学音痴のため再び撃沈。
半年アルバイトののち、短大に入学。
2年後、系列大学の3年次に編入学し東京へ。
4年次に、竹内敏晴氏と出会って、ことばとからだ観と、人生の方向が変わる。
その後、児童文学作家をめざすも、挫折。
7年間の編集者生活も、人間関係で頓挫。
中学校演劇部の外部指導員になったのをきっかけに、
原点の演劇の道にもどる。
地域ミュージカルを経て、
個人・グループのオリジナルの劇づくりをすすめるかたわら、
演劇的要素を生かしたワークショップ
~心身解放・表現・コミュニケーション・聴く・話す等~を全国展開。
2003年11月1日、日刊メールマガジン「今日のフォーカスチェンジ」を創刊。
2017年7月10日、連続発行5000号。
著書に『演劇やろうよ!』『演劇やろうよ!指導者篇』ほか。
脚本「月が見ていた話」で晩成書房戯曲賞受賞。脚本研究会「澪」主宰。
小説「零(zero)に立つ」(全4巻)は、最新作。
ホームページ http://kamewaza.com/


かめわざ流「じぶん」マスター講座は、
名古屋の「座ここから」の主催です。
「座ここから」による講座案内文は、
こちらからご覧になれます。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する