かめおかゆみこの             ≪表現する からだとことば≫塾

自分にOKをあげると、生きることが楽に、楽しくなります。 生きることが、楽に、楽しくなると、他のひととわかちあうよろこびを受け取れるようになります。だから、あなたはもっと、自分にOKをあげていい。

冊子「零(zero)に立つ」(かめおかゆみこ著)(全4巻)

冊子「零(zero)に立つ」(かめおかゆみこ著)(全4巻)
※2017年4月現在、第3巻まで刊行

「零(zero)に立つ」は、もともと、女優・夢実子が演ずる、語り劇。

13417560_1192740910778821_7395467532118681669_n.jpg

山谷一郎著『岬を駈ける女』を主要資料に、
かめおかゆみこが脚本を担当。

2015年8月・網走初演、2015年12月・天童公演、
2016年8月・山形公演…

語り劇は、山谷作品に準じて、主人公・イセが46歳で、戦後初の
女性市議会議員になったところまでが描かれている。

上演後、「中川イセのその後の人生を知りたい」との声にこたえ、
脚本担当のかめおかゆみこが、ほかの資料や取材等をもとに、
2016年、155回の連載として書き上げた。

その後、改訂して冊子にまとめ、順次刊行中。

「岬を駈ける女」ほか、イセさんをあつかった、これまでの本と、
  「零(zero)に立つ」との関係について



◆あらすじ◆
中川イセ。1901年、山形県は天童に生まれる。
1歳で母と死別、里子に出され、極貧と差別のなかを、
生来の負けず嫌いの性格と、里親・こうの愛情により、成長。
10歳で実家に連れもどされるも、学校にも行かせてもらえず、
11歳で家出。住み込みの子守としてはたらきはじめる。
17歳で出産。養育費をはらうために、網走の遊廓へ。
店のトップになるも、仲間の「小梅」の死に衝撃を受ける。
20歳で身請けされるが、結婚に反対され、樺太へ。
ゆるされて網走にもどるが、義父の借金14万円を背負う。
それを20年足らずで完済し、戦後は網走市議会議員に。
7期をつとめたあと引退し、博物館「網走監獄」保存財団理事長に。
その後も老健施設の理事長など、103歳で脳梗塞でたおれるまで、
現役をつらぬいた。2007年1月1日没。享年105歳。

弱い立場のものを守るために、生涯をかけ、
「あきらめない精神」で、困難を乗りこえた女性。



冊子「零(zero)に立つ」  お申し込み/こちら
各巻1200円/送料は、冊数にかかわらず200円/10冊以上で送料無料
3冊.JPG
※2017年4月現在、第3巻まで刊行。

★-------------------------------------------★
第1巻 イセさん誕生~17歳で北海道の遊廓にわたるまで
  あらすじ  みどころ  みどころに想うこと
第2巻 遊廓での「活躍」・卓治との出会い・樺太での生活
  あらすじ  みどころ  みどころに想うこと
第3巻 2億8千万の借金と岬の日々・身を捨てて・終戦
  あらすじ  みどころ  みどころに想うこと
第4巻 (4月末発行予定)最終巻となります。
  あらすじ  みどころ  みどころに想うこと
※冊子「零(zero)に立つ」は、現在、第1巻~第3巻を刊行中。
★-------------------------------------------★
※補足 各巻のみどころに想うこと


冊子「零(zero)に立つ」  お申し込み/こちら
各巻1200円/送料は、冊数にかかわらず200円/10冊以上で送料無料
お問い合わせ/info@kamewaza.com

冊子「零(zero)に立つ」ご購入者全員に、動画プレゼント!
※ご家族やお友だちからプレゼントされたかたも対象となります。


ブログ連載時、「零(zero)に立つ」にいただいた感想
01★あきらめていた夢に挑戦しました!
02★この突き抜けた底力!
03★亡父を見直すことができました
04★愛に根差して行動する勇気
05★心の重荷がようやく取り除かれました。
06★自分自身を精一杯生きること
07★負けない、負けない、負けない。
08★自ら決めて行動しなさい
09★生きざまを見守って下さい。
10★覚悟を決めて、捨て身になる
11★「どうせ」の破壊力に対する「希望」の力

ブログ連載「零(zero)に立つ」のあらすじと、バックナンバーは、こちら
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する